毎日が幸せ食堂 ~シェフにナイショでブログ始めました~

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

見てるだけでウキウキします~ 甘エビのタルタル

今日は冬のような寒さですが、皆様、お風邪など召していらっしゃいませんか?

でも、どんな季節であっても、プリムールのお料理は春を運んできて
くれます。

春な逸品、の一つ。

甘エビのタルタル



c0201282_15115368.jpg



甘エビのねっとりした甘味と、トマトやイチゴの酸味が、本当によく
合うんです。そしてなによりも見た目が可愛いです。

ア・ラ・カルトでも召し上がれますし、最近の「気まぐれコース」にも
ちょこっと付いてきます。

c0201282_15152215.jpg


こんな寒い日でも、カリカリに焼けた緑色鮮やかな(時々、こんがりと
焦げ目が付いてますが)ガーリックトーストに、この鮮やかな赤い
甘エビのタルタルを乗っけて召し上がれば、

c0201282_1518667.jpg


すぐにお口の中には
春が再び訪れるはず、です☆
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-15 15:18 | ディナーのこと

よたび新タマネギのこと

新タマネギのロースト ニューバージョンの写真ができたので
アップします。

シェフいわく、「紙を巻くときも、まるでタマネギのように巻くんだよ」

c0201282_8284959.jpg


そして・・・オーブンの遠火で20分ほどでしょうか。タマネギのように
巻かれた紙は、スポッと上から抜けるようになっているんです。
こういう心遣いがシェフの憎いところです(手前みそですみません)。


c0201282_8291027.jpg


つるるん、と登場する新タマネギはしゃきしゃきだけで甘い、春だけの味です。


お好みで、軽く焼き色を付けることも可能です。香ばしい匂いが
これまた食欲をそそるんです。


c0201282_8301624.jpg



あ~、白ワインが飲みたい(朝からすみません)。
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-13 08:31 | ディナーのこと

再開しました!シャーベット盛り合わせ

プリムールのシャーベットやアイスクリームはすべてお店で
作っています。安い中古車並みの値段がする、アイスクリームメーカーを
お店を開くときにシェフが買ってきました。イタリア製です。

あれから8年経ちますが、ちゃんと動いていますよ。働き者です。

で、その働き者のアイスクリームメーカーをフル回転させて、
今、シャーベットとアイスを4種類、常時作るようになりました。
最近は、すっかり「脇役」として、ケーキたちを盛りたてていた
シャーベットたちでしたが、シェフの気まぐれで、『盛り合わせ』と
して、デザートメニューに登場です!

c0201282_14322170.jpg


普段は「3種のデザート盛り合わせ」なのですが、時々、これまた
シェフのきまぐれで4種に増えることもあります。すみません、
いつも気まぐれで。

4種のシャーベットが出た人は、ラッキー☆と思ってくだされば
幸いでございます。


え~っと、通常は、

自家製ヨーグルトのシャーベット

マンゴーのシャーベット

フランボワーズのシャーベット

の3種類です。

最近は、これにカシスのシャーベットがおまけに付いてますね。


おなかがいっぱいだけど、別腹に甘いものを収めたい、というお客様に
ぴったりのデザートです。

あ、でも無添加ですので、すぐ溶けちゃいます。おしゃべりは後回しで
運ばれたらすぐにお召し上がりくださいね!
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-12 14:32 | デザートのこと

これぞ春!なパスタ

鹿児島のお姉さんが送ってくれた小包の中には、タケノコも入って
いましたよ。もちろん、即春のパスタメニューに入りました。

「せっかくの春だからさ」ということで、タケノコに飽き足らず、
桜エビと、ワカメ(今は、沖縄のお姉さんが採ったアオサ)も
入っています。名前もそのまま、
筍と桜エビのパスタ  です。


c0201282_21531998.jpg


賑やかしいパスタですよね。ああ、春なんだな~、としみじみ思います。

c0201282_21534325.jpg


日本酒で一杯やりたくなるのが、タマニキズ、なんです(笑)。

あと、これは定番メニューなんですけど、

ハマグリのパスタ

も、おススメです。春になって、ハマグリの身がプクプクしてきて、一層、
おいしいです。


c0201282_2156327.jpg



これも、日本酒で一杯やりたくなるのが、タマニキズ、です(笑)。

っていうか、この季節、作りたての日本酒が気になってしまうまんまるなので
ありました(恥)。
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-11 21:56 | ビストロだけどパスタ

みたび、新たまねぎのこと

シェフの田舎から送られてきた、新たまねぎたち。

c0201282_14373113.jpg



やさしい子たちです。千切りしたって、涙はでません。
水にさらさなくても、生で食べられます。
じっくりローストすれば、あま~い香りとともにしゃきしゃきで
甘い味が口いっぱいにひろがります。

さて、千切りした新タマネギは「サラダにするよ」とシェフが言ってましたが、
それは、こんな感じでした。予想の「タマネギスライス」を想像していたワタクシ
でしたが、好い意味で、予想を裏切られました。

これです!


c0201282_14365823.jpg



新たまねぎのサラダ!

なんて、おいしそうなんでしょう!あれ?エビが入ってますね。それに、緑色の
ものは?

c0201282_143852.jpg



ほう、エビも、シェフの田舎から送ってもらったものですか!

そして、緑色のものは、沖縄に住む、もう一人のシェフのお姉さんが
海岸で採って乾燥したアオサですか!


う~ん、磯の香りとタマネギのしゃきしゃき感が、本当にたまりません。


シェフのお姉さんたちの優しさが詰まった逸品です。限定メニューですので、
どうぞお早めに!
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-11 14:39 | ディナーのこと

ふたたび、新玉ねぎのこと

シェフの田舎から、ほんんんとうにありがたいことに、鹿児島の野菜たち
第2弾が届きました。前回同様、柔らかそうな新玉ねぎがいっぱい詰まってました。

さっそく、新しく届いた新玉ねぎをオーブンに入れて、じっくりと火を通します。

今回は、アルミホイルではなく、クッキングペーパーで包み、
玉ねぎのロースト に挑戦。

すると・・・


じっくり火の通った玉ねぎの下には、玉ねぎから出たエキスがペーパーの
上にたまっているじゃあ、あ~りませんか!これを一口、いただいてみると、

ひぁああああ、甘い。あんま~~~~~い

のでございます。シェフの言葉を借りれば、「糖度20くらい」(いや、
そんな数字はないのでは?シェフ)の甘さでした。

ただ、ご注文いただいてからかなりお時間をいただきますので、ご了解
くださいませね。でも、待った甲斐のある甘さでございます。


そして、しゃきしゃきの新玉ねぎはそのまま食べると、辛み成分が疲れた体に
効くそうですので、早速、

新玉ねぎのサラダ

も、旬メニューに加えました。水にさらさないで、新玉ねぎが持つ辛みを
ぜひ楽しんでいただきたいです。

春のスタートでちょっとダッシュしすぎてしまった方、ぜひ新玉ねぎで
疲労回復を!プラス、シェフのお得意豚肉料理をつければ、ビタミンB2
まで付いてきますから、元気になること請け合いでございますよ~。
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-09 13:56 | ディナーのこと

ふるさとの優しい甘さ 新玉ねぎのロースト

シェフの田舎、鹿児島の端の端から、春の野菜が届きました。
まだ外の皮までも柔らかな、新玉ねぎ です。

剥いても切っても、あまり涙が出ません。とっても初々しいです。


さて、この甘くて柔らかな新玉ねぎ、シェフはどう料理するのかと
思ったら、

「そのまま」

って。え?そのまま?


そう、そのままホイルを巻いて、オーブンにほうりこみ、あとは
じっくりゆっくり、加熱します。

で、出来上がったのが、新玉ねぎのオーブン焼き


c0201282_1442190.jpg



ホイルを開くと、あま~い玉ねぎの香りがふわわわ~っと。

ナイフでざっくり切って食べてみますと、シャキシャキの
アマアマ~でございます。


そのままでも優しい甘さなのですが、塩を掛けるとさらに甘さが
引き立ちます!

c0201282_1445540.jpg



塩は、アンデスの塩。美しいピンク色に似合わず、自己主張のある
美味しい塩です。これを、ゴリゴリしてください。

c0201282_1455144.jpg



鹿児島の初々しい優しさと、南米ボリビアの熟練した男らしさが、見事にマッチしてます。
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-06 14:06 | ディナーのこと

春ですね! ふきのとう満開?です

すっかりご無沙汰してしまいましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

我がプリムールも4月を迎え、春のメニューが続々登場しています。

桜見物の帰りにぜひ、春の息吹を味わいにいらっしゃいませんか?

今の季節だけの限定メニューの主役は、なんといっても、

ふきのとう

です。


ランチでは、ふきのとうのパスタ(ペペロンチーノ)が、今だけメニューとして
登場しています。ペペロンチーノの辛味と、ふきのとうの苦味が、絶妙の
コンビネーションですよ!癖になりそうです!!

c0201282_1211899.jpg



ふきのとうは軽く湯がいて細かく切ってソースに合えるので、ちょっと
写真では分かりにくいですが、パスタのお皿が運ばれてくればすぐに
分かります。テーブルに、ふきのとうの香りが広がりますから!



そして、ディナーでは、お肉料理のソースの中に登場しています。


c0201282_123161.jpg


こちらは、仔羊のロースト。不思議な和洋食文化のマッチング。


c0201282_1234563.jpg


「なんちゃって」ビストロならではの、コラボレーションですね。




それから、こちらは7800円のコースでお出ししました。
黒毛和牛のステーキに、ふきのとうのソースとフリッターです。

c0201282_1243167.jpg


ステーキの上に咲いたフリッターのふきのとうの花から、
春の便りを頂いたようですね。


そして、こちらは「きまぐれシェフのコース」の最近シェフが
はまっている一品。


お米の形をしたパスタ


を使って、ふきのとうのリゾットにしました。お米のようなベタベタがなく、
ソースとうまく絡み合うので、シェフのお気に入りの食材です。
あまり売ってないのが難点ですが。

c0201282_125501.jpg


それを、スプーンにのせて、チーズやらアイヨリソースやらを
乗せて、焼きました。


c0201282_1271230.jpg


パクリと一口口に運べば、日本人でヨカッタ、と、思うこと請け合いです☆
[PR]
by manmarunesan | 2010-04-03 12:07 | ディナーのこと



とあるビストロの幸せほおばり日記
カテゴリ
全体
新メニュー登場!
ランチのこと
ディナーのこと
デザートのこと
無口なシェフですが・・
旅のおもひで
プリムールとゆかいな仲間たち
プリムールの日常
飲み物、主にお酒のこと
ビストロだけどパスタ
築地
気まぐれシェフのコース
プリムールの休日
キッシュ&タルト SEKI
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧