毎日が幸せ食堂 ~シェフにナイショでブログ始めました~

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

より辛くより旨く

シェフの、カレー熱がまだ冷めません。

毎日、まかないであの超辛いカレーを食べ続けなければならない
スタッフ君の胃の具合が心配なまんまるです。


c0201282_1184012.jpg


でも、美味しいことは確かなんですけどね。
野菜をぐつぐつ煮たものをミキサーにかけてカレーのルーを
作っているので、とってもコクがあるんです。なんとも、
複雑な味のハーモニーが口の中に広がるんです。


で・も・


辛いんです。ええ、本当に辛いんです。


あ、ちなみに「内職カレー」は、

ルーマニアカレー
(シェフ命名・・理由「力強そうだから」)

から、

モンゴリアンカレー
(スタッフ君命名・・理由「力強そうだから」)


そしてようやく

激辛夏カレー


と、ようやくまともな名前に落ち着きました。


いずれにしても「力強さ」がチャームポイントなカレーパスタ、
シェフが飽きる前に、ぜひ!特に辛いものが好きな方、おススメです!
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-30 11:08 | ビストロだけどパスタ

要予約なのですが

昨年、シェフがなんとなく作ってみて大好評だったのが、


スイカのシャーベット


スイカを半分に切ってくりぬいて、丁寧に種を取った後、
シノワ(円錐形の濾し器)で越してジュースにします。

さすがにそのままだと水っぽ過ぎるので、シロップや、
リキュールで味を調えて、アイスクリームマシーンへ。


ぐるぐる回すこと30分くらい。(多分。自分ではやったこと
ないので、スイッチの入れ方すら分かりません☆てへ)


ふわふわで冷え冷えのスイカのシャーベットの出来上がりです。

これを、ギザギザの形を入れたスイカの器に移して、
さらに、スイカのくりぬきもそのまま入れて、最後の仕上げに
チョコチップを種の代わりに掛けて、完成!

c0201282_1981124.jpg


さわやか~、で、本当に梅雨のじめじめも、初夏のギトギトも
ふっとびますよ。

10名さまくらいのパーティーのデザートにお出ししてます。


例によって、シェフが色々出し過ぎるので(嗚呼、嫌、もうこんな
ビストロ)、最後はシャーベットくらいがちょうどいいようです。

どうしても、というお客様は、電話でシェフに直接相談して
みてください。

あ、でも シェフはまだこのブログのこと知らない 

ようなので、「ぐるなびでみた!」とかおっしゃってくださいね☆


そろそろ、ぐるなびも夏メニューに変えないといけませんね(汗汗)
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-28 19:08 | デザートのこと

初夏の薫り

梅雨の合間の晴れの間に、お店の洗濯にいそしむまんまるです。

梅雨の季節はちょっと憂鬱ですが、この時期ならでは、の
メニューが楽しみでもあるんです。

c0201282_115585.jpg


あ、これはプリムールのメニューではもちろんありません。

まんまるが、「高円寺一美味しい和菓子屋さん」だと思う、
利休さんの、季節の和菓子、若鮎です。

鮎の解禁とともに、この和菓子がお店に並ぶんです。
四季がある日本の伝統菓子だからこそ、のお菓子だと思います。

まんまるは、シェフの田舎から新茶が届くと、いそいそと利休に
出掛け、この「若鮎」をいただくことにしています。えへ。


そして、これにインスピレーションを受けたのか受けないのか、
シェフも負けてはいませんよ。

c0201282_1164895.jpg


鮎のコンフィ フランボワーズビネガーのソース

です。


鮎は、背骨を抜いてからコンフィにするので、頭から丸っと
全部食べられます。ほろほろと苦い鮎のワタをフランボワーズ
ビネガーと絡めて食べると、こりゃ、一杯飲まずには居られません。
辛い白ワインなどがオススメですね。

フランボワーズビネガーが、この時期のジメっとした気分を
吹き飛ばしてくれますよ。
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-26 11:07 | ディナーのこと

どなたかは存じ上げませんが・・・

まだ膝の伸びきったじん帯が治らないまんまるでございますが、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。掃除中の濡れた床には
くれぐれもご注意くださいませ!

ところで、先日久々にプリムールに顔を出したまんまるですが、
とあることに気づきました。

それは、

外の看板(今は、「スタッフ募集」のポスターが貼ってあります)が

いつの間にか補修されている

ことでございます。


外の看板は、かなり前から足が一本壊れていて、いろいろと
ごまかしながら、常に傾き加減でがんばっていていたのですが・・。


その、壊れた足に、新しい足がついて補強されてました。
ちゃんと、ビスも打ってあります。


そこでまんまるはシェフに「看板直した?」と聞きましたが、
「え?知らないよ?」との返事。

さらにそこで常勤スタッフのハタ君(働き者です)に「看板、
直してくれた?」と聞きましたが、「自分じゃありません」との
返事。



そこで、あの~、どなたかは存じ上げませんが、ご親切な方、
このブログを読まれていたら、ご一報くださいませ。
心ばかりのお礼をしたく存じます。


というか、本当に本当にありがとうございます。

やはり右肩下がりの看板は、縁起が悪うございますものね。
本当にありがとうございます。
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-21 09:58 | プリムールの日常

ある日のランチコース

ある日曜日のランチ。

今日は、まんまるが大事に育てた(?)かわいい教え子(注ペルシア語の)たちが
プリムールに集まる日です。シェフは朝6時にはお店に行って仕込みを始める
念の入れよう。


いとしい教え子たちに久しぶりに会うのも楽しみですが、実は
シェフの「腕によりをかけた」はずのランチコースも楽しみな
まんまるでありました。


そして、ランチタイム。今日は貸切です。(せっかくランチにきてくださった
お客様、すみません。)(これに懲りず、また来てくださいましね。)
(万が一のことがありますので、できればお電話でお席だけでもご予約
くださると幸いです。03-3313-1087です。)


社会人になって、少し大人びた彼ら彼女らと、昔のように爆裂トーク。

そして、シェフの、「真昼の饗宴」もスタートです。


まずは、オードブルの盛り合わせ

c0201282_11242692.jpg


キッシュや、スモークチキン、グジェール、グレッグ(ギリシャ風ピクルス)、
自家製チーズ、ラタトイユ・・・

プリムールの定番オードブルがてんこ盛り(←フレンチにあるまじき表現)
です。



でも、オードブルはこれで終わったりしませんよ。

スパイスがたっぷり練りこんである、ミートパイ、と

c0201282_11263428.jpg



次に、シェフの田舎から送られてきた、「大名筍のグリル

c0201282_1125592.jpg


筍なのに、灰汁がなく、縦割りにしたものをそのままオーブンで焼いちゃいます。


塩は、ゴリゴリと、岩塩を削って。





で、次はどど~ん、と、


c0201282_11254261.jpg



え?何ですか、この、巨大なパイ包みは?え?開けてみろって?


c0201282_11265855.jpg



割ってあけてみました。もちろん、パイはそのまま中に落としますよ。
汁が滲みて、おいしいってものです。

c0201282_11273453.jpg


で、中身は、牛スジやら牛モツの赤ワイン煮、でした!野菜もたっぷりで、
複雑な味わいなのに、サッパリしてます。




そして、普通ならここで終わりですが、ヤング(死語)相手にハンパな
ことはしませんよ、シェフは。


最後のとどめに、「内職カレーのパスタ


c0201282_1128196.jpg



内職だけど、おいしいです。作るたびに辛さが強烈になってますけど、
でも、おいしいですよ、シェフ。




新しい仕事のこと、新しいカノジョのこと、新しい生活のこと、健康の
こと、卒業旅行のこと、昨日遭ったちょっと困った出来事のこと。


おいしい食事には、楽しい会話が何よりも合いますよね。


しみじみ、お店をやっていてよかった☆、プリムールをやっていて
よかった☆と思う瞬間です。



で、終わりと思うでしょ?終わりませんよ。シェフは、そんなハンパな
男ではありません。



最後のとどめ(←再び、フレンチにあるまじき表現)には、デザート。


ど~んと、パイナップルのシャーベットですよ!ほらほら!!!


c0201282_11285680.jpg


ふわふわでやわらかい~、何が入ってるんですかああ???と、
驚嘆の声に、まんまるはしたり顔でこたえます。


「パイナップルの中身だけだよん。今、作りたてのシャーベットだから
空気がたくさん入って、ふわふわでやわらか~なのよ。」



ひゃ~。



と、再び驚嘆の声。聞こえてますか、シェフ?あなたが一番好きな声ですよ☆




と、いうわけで、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。


まだようやく人生の船出が始まったばかりのヤング(死語)たちは、
それぞれの日常へと三々五々戻っていきました。また、来てね。

楽しいことも悲しいことも面白いことも嬉しいことも頭にきたことも
悲しいことも、また時々こうやって、共有しましょうね。待ってます☆
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-19 11:29 | ランチのこと

やっぱり内職・・・

先日、とても通常営業だったら帰ってこられないはずの時間に、
シェフが家に帰って参りました。

「お客さんが来なかったから☆」

みたいな言い訳がましいことを言いながら入ってきたので、

お客さんが来ないなら、来るまで働けうりゃあっ

っと、喝を入れようとシェフを見ると、

ん?

手には大きな鍋。


「もうひとつあるんだ☆」


と、一度出て行って、また再びそれよりも大きい鍋。


そして、一瞬にしてカレーとココナッツの匂いでいっぱいに
なるまんまる家のキッチン。


「に、煮込みが足りないから、ここで煮込むね☆」


しぇ、しぇ~~~~ふぅぅぅううううううう~~~~



店でたっぷり煮込んでこいっ、うりゃああぁぁぁ


と、蹴りだそうかとも思ったのですが、カレーが
あまりに良い匂いだったので、蹴りだすのは止めました。



で、シェフはくつろいで大好きなテレビを見ながら、
一晩、ぐつぐつとカレーを煮込みました☆


正真正銘の、「(自宅で)内職カレー」です。(涙)


あ、でも美味しかったです。今回の「隠し味野菜」は、
かぼちゃですよ。



そして、このカレーはどうするんですかねぇ。
売るんですかねぇ。あげちゃうんですかねぇ。まかないに
なるのは確実なんですけどねぇ。


でもカレー好きの方には、ぜひ一度召し上がっていただきたいです。

カレーのとろみは、野菜ですよん。
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-12 09:53 | プリムールの日常

夏ですねぇ

久々に痛い足をひきずってプリムールに行くと、香ばしい
甘い匂いが漂っていました。

んんんんん・・・この、甘くてすこし酸っぱい匂いは!

c0201282_22235290.jpg


そう、今だけ、本当に今だけのデザート。


アメリカンチェリーのクラフティです。


クラフティ(clafoutis )とは、元はフランスの地方の伝統的なお菓子だそうで、
クレープの生地に果物(もともとは発祥の地の特産、黒さくらんぼ)と、
牛乳・卵・砂糖・生クリームなどを合わせたものを入れて焼いたものです。

サクサクのタルト生地の塩味と、クラフティのプリンのような甘く優しい味と
アメリカンチェリーの酸味の三重奏、な、わけであります。

c0201282_2231737.jpg


サクサクのタルトとクラフティの生地に、アメリカンチェリーの酸味いっぱいの
赤い汁がジュロロロロ~っと溶けだして、はわわわわ・・・

たまりません。ぽわわわ~ん(ただいま、味、思い出し中)



日本のさくらんぼは生で、アメリカのサクランボはぜひケーキで!

というのがまんまるの持論でありますが、賛成されるかたも
多いのではないか、と思います。いかがでしょ!


あ、これも多分ここ2週間続くかどうかですから、気になった
かたはお早めにどうぞ!(って、いつものことですね)(汗)

じめじめした雨の日には心晴れますし、

暑いぎらぎらした晴れの日には、スカッとさわやかになりますよ。
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-09 22:31 | デザートのこと

カレー終了

さきほどシェフから連絡があり、

カレーは終わった

そうです。


え?パスタで出たの?と聞いたら、


いや、カレーパスタを食べたのはお前さんだけだったよ(苦笑)


とのこと。


え?じゃあ、お土産カレーが出たの?と聞いたら、


いや、あげちゃった。

とのこと。


誰に?


みんな。





シェフのみんな、がどれくらいのみんななのかは分かりませんが、
結局、シェフのココナッツたっぷり入ったカレーは、内職どころか、
「趣味」で終わってしまったようです。


でも、おすそわけした方々から「美味しかった」のお礼が、もしかしたら
シェフにとっては何よりの「収入」なのかもしれません。
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-07 19:23 | ランチのこと

カレーパスタ登場

さて、前回、「シェフの内職」扱いで、お持ち帰りのみでした
ココナッツたっぷりカレーですが、「ど~してもここで食べたい!」という
一部カレー好きなお客様のご要望で、

カレーパスタ

として登場致します。

カレーはライスじゃん?

と思わなくもないですが、やはりそこはそれ、あまりにカレーライスが
売れちゃうのも考えものですので・・・

一応、ギリギリのところで「ビストロ」ですし・・・

と、いうわけで、カレーパスタにはたっぷりチーズやら、スモークチキンやら
その他後のせ野菜やらが入っておりまして・・・

c0201282_1853550.jpg


ライスほどではありませんが、やはりこれからの季節には一度
お試しいただきたいのでアリマス!
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-06 18:53 | ビストロだけどパスタ

シェフの内職?

不肖まんまる、掃除中の廊下でコケて膝を捻りました。靭帯が伸びきった
そうです。しくしく。1メートルですら歩くのが辛いです。

どうかみなさまも、掃除中の廊下にはくれぐれもお気をつけくださいまし。

と、いうわけで今日一日は仕事を全部休んで、家で休養しております。

もちろん、家事一切できません。寝てるか、パソコン打ってますから。


空腹にも我慢して、寝ておりました。


と、ランチが終わったころにシェフが。

なにやら台所でカタカタ言わせて持ってきたのが、このカレーで
あります。

c0201282_17592383.jpg


なんだかとっても美味しそう☆


いただきます☆んんん~、おいしい~~。美味しいけど、何だかいつもの
カレーと違うね?

これさ、ブイヨンの野菜なんだけどさ、それをミキサーにかけても一度煮込んで、
ココナッツミルク4缶ぶち込んで、あとは色々な香辛料と、タイのグリーンカレーを
入れて、一晩寝かせたの。


へえ、タイカレー?確かにほんのりグリーンカレーの香りが。そして
ココナッツミルクは分からないくらい、カレーになじんでるねえ。
そしてこの「もったり感」(まんまる的にはもったりであればあるほど
高評価)は、野菜なんだ。小麦粉、使ってないの?へ~、すごいね。ルーなし?


これ、わざわざカレーが好きなアタシのために(そして寝たきりのアタシを
慮って)、作って持ってきてくれたの?


いや。



いや?アタシのためでなく?ただのまかない?


いや。


いや?じゃあ、誰かにあげるの?


いや。お土産用にして、売ろうかと思ってさ。まずお前さん(まんまるの
ことをシェフは「お前さん」て言います)に味見てもらって、それで美味しかったら
売ろうと思ってさ。お店の仕込みついでにこっそり作ったんだ。


・・・つまり、君の内職仕事かいっ!そしてあたしゃ、ただの味見かいっ!

まあ、美味しいからいいけれど。もひとくち、パクっと。

c0201282_17595221.jpg


んんん~、カレー好きのまんまるも、一押しのお味です。どうやら

1人前500円  で

売るらしいです。ルーだけです。そして持ち帰り用だけです。悪しからず。


美味しいから、お店で出せばいいのに。え?カレーばっかり売れると嫌だ?
ま、そりゃそうか・・・。

と、いうわけで、今の季節にピッタリのカレーです。シェフが飽きるまで
続くと思いますので、あと2週間は売ってます。多分。
[PR]
by manmarunesan | 2010-06-04 18:00 | 無口なシェフですが・・



とあるビストロの幸せほおばり日記
カテゴリ
全体
新メニュー登場!
ランチのこと
ディナーのこと
デザートのこと
無口なシェフですが・・
旅のおもひで
プリムールとゆかいな仲間たち
プリムールの日常
飲み物、主にお酒のこと
ビストロだけどパスタ
築地
気まぐれシェフのコース
プリムールの休日
キッシュ&タルト SEKI
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧