毎日が幸せ食堂 ~シェフにナイショでブログ始めました~

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お日様の色

言っても始まりませんが、暑いですね。

でも、まんまるの庭にはこんなギラギラ太陽も
大歓迎なものたちが。

ミニトマトです。

梅雨明け宣言と同時に、その背丈をぐんぐん伸ばし、
今では、だれよりも背が高くなりました。

c0201282_9422958.jpg


先々週の大風で、その高い背が仇になってかなり傾いて
しまったのですが、なんのなんの。傾いてもまったく気にせず、
毎日ミニトマトを付けています。

c0201282_943354.jpg


あ、まんまるが育てているわけではないですよ。同じアパートの
上に住むMさん夫婦が、毎日丁寧に世話をした成果です。

ちなみにまんまるも一昨年、ミニトマトを植えたのですが、
「基本放置」のまんまるの趣味の園芸方針にもかかわらず、
ミニトマトは豊作でした。

放置しても豊作なのですから、Mさんが手塩にかけたミニトマトの
育ちぶりはそりゃもう立派なものです。

c0201282_9435363.jpg


そして採れたての野菜は美味しいですねえ。

朝、Mさんがトマトのお世話をしているところに出くわすと
(ぐ、偶然ですよ!)、両手にいっぱいのミニトマトを
下さるんです。

c0201282_9441778.jpg



オレンジの丸いミニトマトは潔い酸味で、黄色い繭玉型のミニトマトは
ほのかな甘味がたまりません。どちらも、噛むとシャキッと、応えて
くれます。

c0201282_9445271.jpg


時々、プリムールのサラダやカレーの付け合せに登場してます。
特に黄色いミニトマトを見つけた方、当たり!です。きっとその日のうちに
いいことがありますよん。
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-25 09:45 | プリムールの休日

シェフ、やりすぎです!

話題にはことかかない、カレーについて。

先日、「最近のオレのカレー、食べてみなよ」とシェフに言われたので、
さっそくプリムールに出向いてカレーを頼んだところ、


「今は、ちょっと忙しいから、むりだなあ。もうちょっと待ってて」と
言われました。


は?カレーなんて、ご飯をドゴッっと乗せて、さらにその上にダーッと
カレーをかけりゃ、すむことじゃないですか。


と、思ってしばらくジリジリと待っていたら出てきたカレーが、これ。


c0201282_1584027.jpg




野菜のフリッターが、色とりどりに乗っかっていました!


シェフ・・・・美味しいけど!特に、フレッシュなトウモロコシの
フリッターなんて、これまでのどの精進揚げよりも美味しいけどっ!!!



や・り・す・ぎ・で・すっ



ランチの時間に一々野菜を揚げてる手間暇が、料理の値段とつり合い
ませんよっ。いえ、ケチで言ってるわけじゃあ、ありません。他の
お料理を出すのに支障をきたすでしょ、って、言ってるんですっ。


え?最近はお客さんが少ないから、大丈夫、って・・・。がんばろうよ、
シェフ・・お客さんが増えるように・・・え?暑いから無理って?
う、まあ、そうだけど・・・。



多分そう遠くない未来に、カレーの上に夏野菜のフリッターが消えるとは
思いますが、


でも、本当に美味しいんですっ。ええ、とっても。夏野菜って、油とも
カレーとも合うんですよ。なので、この暑さでも、野菜天ぷらOK,
カレー上等、というお客様・・・今日中にでも食べに来て下さい。

あ、でも気まぐれシェフのことですから、フツーのカレーに戻って
いても、お許しくださいね☆


ああ、「バーガリーポロウ」はまだ続いてます☆
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-24 15:08 | ランチのこと

70000のあとに続く単位

今朝は久々にシェフにくっついてもといシェフを車に乗せて、
築地に行ってきました。

c0201282_14193578.jpg


築地に来ると、世の中の不況度合いがすぐに分かります。数年前は
土曜日といえども、一般に買い物にくるお客さんと、「土曜日のたたき売り」を
狙ってくるプロの方で結構混んでいたんですけどね。

今では、土曜日なのにまだ売るものがたんと残っている店や、
「休業届」を出して空っぽになった店があり、歩いている人はプロの
人よりもカメラを持った外国人の方が多いし。


それでも、やっぱり築地はいいですね。元気をもらいます!


さてさて、今日の主役は「うなぎ」

明後日26日が土用丑の日ということで、うなぎ屋さんは大盛況です。
早朝からもう数百匹をさばいているそうです。

c0201282_14202752.jpg


黒いビヤ樽のようなバケツの中には、大きさごとに分けられたウナギが・・。

c0201282_14205028.jpg


大きいのを、二匹、購入。もちろん、日本のうな重とはさばき方が違うので、
生きたままお店に持って帰ります。


c0201282_142125100.jpg


↑よく、熱帯魚屋さんで、こういう風にしてお魚を持って帰りますよね。
まさか築地でもこんな風に持って帰るとは・・



これを捌いて(とっても大変だそうです、ウナギ。とにかく、生命力が
強いので、動いてなかなか捌けないとか。皮がむきづらいとか。)、
適当な大きさにぶつ切りしたものを、焦げ目を付ける程度に焼いて、
ワインで煮込むんです。シェフは赤ワイン派ですよ。

ちなみに、

淡水魚をワインで煮込んだ料理を「マトロート」と言うそうです。
(聞きかじりですんで、ツっこまないでくださいよ。具体的な質問は、
シェフにお願いします!)

ウナギのうまみが溶け込んだ赤ワインは、そのままソースに使います。
酸味とうまみが、ウナギのむっちりした肉によく合います。


c0201282_14222933.jpg



ね~、おいしそうですね~。多分、この週末は、「気まぐれコース」以外
でも、ア・ラ・カルトでもお出しできると思います。思うに、土曜丑の日が
過ぎたころに、またしてもシェフの「大変だからもうやらない」発言が
出ると思いますので、お召し上がりになりたい方は、ぜひどうぞ。



んが。



ひとつ、問題があります。それは・・あの・・・え~っと、


値段が、はっきりしないんです。いえ、時価ではないんだと思いますが・・

お店の黒板にはこんなのが貼ってあって・・

c0201282_1425161.jpg


んん?

c0201282_14252596.jpg



なんなんでしょうね、70000っていう金額。単位が、円でないことは
確かなんですけど。ウォンでも、まだ高いような気が・・。ユーロや
ドルやポンドじゃ、もっと高くなっちゃうし・・・う~ん、リヤール・・
かなあ。あ、でもそれじゃ、600円くらいだし・・あ、リヤールって
いうのは、イランのお金の単位ですけどね。


さすがにヤリスギとシェフも思っているようですが、引けに引けず、そのまま
放置しているようです。

でも、交渉しだいで2000円くらいになると思いますので、本当に
召し上がりたい方、どうぞ中東のバーザール式に値引き交渉してみてください。
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-24 14:26 | ディナーのこと

野菜の宝石箱

多分今だけですので(いつものことですが)、シェフが「めんどくさいから
止めた」という前に、気になった方はぜひご注文下さい。


野菜のテリーヌ


それぞれの野菜を細長く切り、コンソメで優しく茹でて、色どりを想像しながら、
金太郎飴を作るときのように野菜をテリーヌ型に並べていきます。
野菜のコンソメを最後に流し込んで、あとは重石を乗せて固めます。


それを、カットします。ジャ~ン


c0201282_7182765.jpg



野菜の宝石箱です。ジュレがきらきらと光って、食べるのがもったいないですが、
食べても美味しいんですよう。


c0201282_720374.jpg


おまかせコース用に切り分けた野菜テリーヌの整列もかわいいです。
それぞれの野菜の味が、コンソメのジュレでまとめられて優しいハーモニーを
奏でています。白ワインでいただきたいですねぇ。
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-22 07:22 | ディナーのこと

お礼とご報告

暑いでですね!みなさん、いかがお過ごしですか?

夏生まれのまんまるは、夏の暑さには強いのですが・・・でも・・
このキョーレツな日差しにはさすがに溶けてしまいそうです。

こんな暑い中でもプリムールに足を運んで下さる皆様には本当に
感謝申し上げます。


さて、まず最初に、大切なことが判明したのでお知らせします。


わがプリムールは、今年7月14日に、
8周年を迎え、9年目に突入いたしました!!

シェフが、今年になってから「もう10年目だ」とフくので
うっかりそれに混乱させられておりましたが、きちんと確認
いたしました。


来年はいよいよ10年目突入なのですね~。頑張りたいと思います。




そして次に、この8周年のお祝いを下さった方々へ、お礼申し上げます。


「お祝いしてくださる皆さまに」と、色とりどりのキャンディーや
ジュレを下さった、シェフの心のお母様、K子さま、ありがとうございました。
皆さんよろこんでお持ち帰りくださいました。



まんまるが心から愛してやまない「利休」の新作を下さったN野さま、
ありがとうございます!お店には出ていないにも関わらず、まんまるも
ズーズーしくご相伴に与りました。おいしうございました。ごちそうさまでした。



c0201282_1025810.jpg


N原さま、わざわざ開店記念日に届くように下さった、素敵なプリザーブドフラワーの
電報をありがとうございます。電報って、いまこんなにすごいお花を
付けてくれるのですね。シェフともども、びっくりしつつもそのお心遣いに
感謝致します。今夜、お待ちしておりますね~。



c0201282_10253383.jpg


前の前のシェフのお店からごひいきにして下さっているYさま、Cさま、
わざわざお花をありがとうございました。(昨日はご挨拶できませんで、
大変失礼いたしました。)シェフが、お二方とてもお元気そうだと、
心から喜んでおりました。



c0201282_1026046.jpg


C子さま、いつもの「毎日かあさん」の切り抜きと、元気が出そうな花束を
ありがとうございます!最近へばり気味だったのですが、「毎日かあさん」で
随分と元気をもらいました!(先日は来て下さったのに、ごあいさつできず、
失礼しました。)次回は、「ウニを」と伝えておきますね!



そしてそして、まとめてのお礼で大変恐縮ではありますが、8周年の
前後にわざわざお店に足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございます!

皆さまのお力添えがあって、なんとかここまで来られました。


そして最後に、こうしてブログをわざわざ読んでくださってる皆さまにも、
いつも感謝しております。

毎日、このブログの閲覧数をチェックしながら、あの人や
この人も読んでくれているんだな~、と(勝手に、ですが)想像しながら
一人にやにやしています。


と、いうわけで、これからもたくさんの人に支えられながら、夫唱婦随(ホントかよ、
と、お思いでしょうが、それくらいの心づもりで・・・)で、ビールや
喧嘩はほどほどにし(無理でしょう、とか、お思いでしょうが、まあそういう
心づもりで・・)、スタッフたちと力を合わせて頑張っていきますので、
どうぞよろしくお願い致します!!!


(って、まんまる姉さん、全然お店にでてないジャン、と、お思いの方も
多いかと思いますが・・・・てへ☆キモチだ・け・で・も)



感謝をこめて☆まんまるより
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-19 10:27 | プリムールの日常

梅雨の終わりとともに

お暑うございますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

梅雨が明けるとともにやってくるのが、海の季節!

と、プリムール的には、


桃の季節!

で、ございます。


季節のスープとして登場する、桃のスープ

c0201282_9211615.jpg


テーマは「いい塩梅」。桃の風味と、絶妙な塩加減が、シェフならでは、の
美味しさを醸し出しています。


c0201282_9274574.jpg


あ、変な絵はシェフの気分で、描いたり描かなかったり、ですので、変な絵の
スープに当たった方は、「あたり!」でございます。何も出ませんが。
きっと翌日小さな良いことがございますよ☆


そして、何といっても、桃のタルト

c0201282_9215732.jpg


数年にわたる施行錯誤の上にたどり着いた完成形(と、今の時点では
シェフそう言ってますが、多分また色々改良されるにちがいません。)
(味見が楽しみです!)


「今の時点での」完成形桃のタルトは、

サクサクのパイ生地(じゃあ、「桃のパイじゃん」とおツッコミに
なりませぬよう。シェフは「タルト」と言い張ってます汗)に
リキュールがしみ込んだ桃のコンポート&パティシエール
その上に、カリカリサクサクのキャラメリゼ


で、ございます。シャーベットは日によって変わりますので、ご容赦を。


つまり、桃のタルトのテーマは、


パリパリッ☆ジュワ・トロン☆サクサク☆ プラス、冷え冷え~


なのでございますよ。



ちなみに、桃は、まんまるが多分この世で一番好きな食べ物です。

あの、ふわふわの産毛が生えた丸いフォルムのお尻も、

ちょっとつまむだけでツルリンと皮が剥ける潔さも、

そして、決して裏切ることのない、汁滴り落ちる甘味が、


まんまるの微かに残る(!)乙女ゴコロをくすぐるのでアリマス!!



ちなみに、まんまるのシェフからの誕生祝いは、絶品のお寿司屋さんでの
寿司三昧(@夜更け)と、その後の今年初の、桃のスープと桃のタルト(@深夜)で
ございました。
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-18 09:23 | ディナーのこと

多分9周年

みなさまへ

おかげさまをもちまして、7月14日にプリムールが9年目
(多分・・もしかすると8年目かもしれません。すみません、計算できなくて)に
突入いたしました!!

ちなみに、まんまるも本日15日でうんじゅううんかいめの誕生日を
迎えました。こちらも、本当の年齢と誕生日に、まんまる自身が全く興味を
失ってしまった(むしろ忘れたい)ので、先日、歯医者さんで生年月日を
聞かれたので、それはまあスラスラと答えられたのですが、
「満何歳ですか?」と聞かれて「さあ?」って答えてしまいました。


(あ、ちなみにまんまるの母親は60歳を境に、1歳ずつ歳を減らして
自称しているので、本当に今自分の歳がいくつか言えません。時々、
病院で困るらしいです。)


何度も何度も「もう無理かも・・」と思ったことがありますが、
それを乗り越えてこられたのも、みなさまの応援があってこそ、で、
ございます。

本当に本当にありがとうございます。

お店で特に何をすることもないのですが、ご来店下さったお客様に
シェフがキャンディやジェリーを配っているようです。

色とりどりのキャンディやジェリーは、シェフの“心のお母さん”から
差し入れていただいたものですが、私たちの感謝の気持ちと一緒に
受け取っていただければ、幸いでございます。


どんなにたくさんありがとうを言っても全然言い足りません。


今後とも、10周年(もしかしたら9周年)目指してスタッフ一同
気を引き締めて頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします☆


こころより感謝と愛をこめて、まんまるより
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-15 02:37 | プリムールの日常

またカレーの話題かよ

なかなか梅雨が明けませんが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ええ、多分そうツっこまれる方が多いんじゃないかと思いますが、
また、カレーの話です。

シェフのカレー熱はまだ冷めず、このままだと夏いっぱいはカレー、
続くかもしれません。

そして、今回シェフはとうとう、

「カレーライスもランチに出す」


と言い始めました。


まあ、まんまる的には、あのシェフのカレーはパスタよりもライスの
方が絶対美味しく食べられる(そしてソースもご飯と絡まるので、無駄なく
食べられてエコだし)と思っていたので、いいんですけどね。


ただ、やはりシェフ的には、「腐ってもビストロ」みたいなのがあるようで、
私がこれまでもどんなにランチにライスも出したら、と、提案しても
かたくなに固辞してたのです。(でもパスタは良いそうです。)


それがなぜ、今になってライスを?と思ったら、シェフったら、


「ただの白ご飯じゃないよ。(腐ってもビストロだから)
バーガリーポロウだよ。」

ですって。


あ、バーガリーポロウというのはペルシア語で「そら豆のピラフ」のこと
なんです。

ちなみに、polouっていうのがペルシア語の「炊き込みご飯」の意味で、
それがフランス語では「pilau」「pilaf」、英語では「pilaf」となって
行ったんですよ。まんまるのセンセイからの受け売りですけどね。


バーガリーは、そうです、「そら豆」です。イランには、そら豆をはじめ、
キドニービーンズやレンズ豆やひよこ豆や、そりゃもう、色々なお豆さんが
あるんですよ。


あ、これじゃあ、ペルシア料理のブログになってしまいますね。


閑話休題。


その、ペルシア風そら豆の炊き込みご飯に、シェフがアレンジして
タマネギやニンジンなども入れたプリムール☆ポロウが、これです。

c0201282_19373712.jpg



イラン米がなかったので、タイ米で代用しましたが、やはり長いお米は
ピラフなどに向いてますね。香ばしい匂いがたまりません。


で、これに、シェフ特製の「常により辛くより旨く」のカレーを
掛けて食べるんですか。

c0201282_19375915.jpg



はっきり言って、美味しいです!辛いけど。お米とも、そら豆とも、
よ~くマッチしてます。でも、かなり辛いです。食べるたびに、辛いです。涙


シェフが飽きるか、タイ米が無くなるまで続きます。一応、「ビストロカレー」って
いうジャンルに入るんですかね・・・
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-12 19:38 | ランチのこと

判明しました!

分かりました!犯人もとい恩人が!

名も告げず、プリムールの傾いた看板をきれいに直して下さった方!

じっちゃんの名にかけて(いえ、祖父は洋裁の人でしたから全然関係ない
のですが)、まんまるは誰の仕業もといご厚意かを当てようと熱烈
推理いたしました。

最初は、外看板をプレゼントしてくれたり、中の内容をきれいに
かいてくれたりしてくれる、パートチームの人たちかと思ったのですが・・・



よく見ると、丁寧なお仕事です。もう一方の残った足と寸分たがわず
同じ大きさの角材を、看板の端っこにピッタリ合わせて、おそらく
電動ドリルできっちり等間隔でネジを打ち込んでいる細かくて正確な
お仕事・・。とても素人では無理な作業です。


この、プロなお仕事・・・・・


そして、自ら名乗り出ないイキな計らい・・・・


・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


!!!!!



わかったどーっ。



ズバリ、M野社長ではないですかっ?!


ちなみに、M野さんは、シェフがプリムールの前のお店、いえ、その
前のお店の時からごひいきにして下さっている空調関係の会社のシャッチョー
さん失礼社長様です。


シェフが前の店を辞め、独立してお店を開くのに色々物件探しから始めたのですが、
奇しくも、M野社長の会社のすぐ近くにプリムールを始めることになりました。

まさに開店当初から応援してくださり、店にまだ何もなくて寂しいと、パリの
モンマルトルの丘で購入された絵を、素敵な額縁に入れてプレゼントして
くださいました。(子供の写真が飾ってあるところの真ん中の絵です。)

シェフがうつ病でお店を休みがちなときも、
元気になって再開するもお客さんが来なかったときも、雨の日も風の日も
晴れの日も、M野社長と奥さんは足しげくお店に来て下さって、とかく
落ち込みがちなシェフを励ましてくれたものでした。

シェフにキレるまんまるを諌められられるのは、後にも先にもM野さん
だけでした☆


時々、イケメンなお孫さんの写真を勝手に入れ替えてくださったりもして
います☆


イケメンなちび君の赤ちゃんの写真が、次第に子供らしくなって、そのうち、
妹の赤ちゃんと一緒の写真になって、最近ではもう一人の妹と、七五三の
写真に代わり、それがプリムールの歴史でもあるかと思うと感慨深いものです・・。



その、M野社長が今年、ご勇退されました。まんまるも忙しくてなかなか
お会いすることもなく、そのままになっていたのでとっても気にはなって
いたのですが・・・


先日、そのM野社長を囲む会をプリムールでやっていただきまして、
その時に、

「あの看板、M野社長ですよね?」

とまんまるが聞きますと、


「んん?何それ?」


などととぼける辺りが、また小憎らしいことです☆



新社長Tさん、こんな大事な会を、プリムールでやって下さって
ありがとうございます!おかげ様で、看板のお礼をきちんとすることが
できました!


そして、えーっと、先日は看板のお礼だけで、もっと本当はしなくちゃ
いけないお礼があったのですが、どうしても照れくさくていえませんでしたが、


M野社長、R子さん、長年プリムールを支えて下さってありがとうございました!
お二人があってのプリムールでした。


今後は、お二人に恥ずかしくないように、ビールは控え目に、ケンカも控えめに、
頑張っていきたいと思います!!!


ときどきは、また遊びにいえ食べにいらしてくださいね。


そして、そろそろお孫さんたちの写真を更新してくださいまし☆
[PR]
by manmarunesan | 2010-07-11 13:49 | プリムールの日常



とあるビストロの幸せほおばり日記
カテゴリ
全体
新メニュー登場!
ランチのこと
ディナーのこと
デザートのこと
無口なシェフですが・・
旅のおもひで
プリムールとゆかいな仲間たち
プリムールの日常
飲み物、主にお酒のこと
ビストロだけどパスタ
築地
気まぐれシェフのコース
プリムールの休日
キッシュ&タルト SEKI
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧