「ほっ」と。キャンペーン

毎日が幸せ食堂 ~シェフにナイショでブログ始めました~

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

やっちまいました・・・

気が付けば5月も今日で終わり・・・何だが落ち着かないまま
日々が過ぎ去っていく気がします。

さてさて、プリムール通信の最新号も描き終えて、皆さまに
お送りしようと思った矢先、このまんまる、

初ぎっくり腰になりました!

特に「グキッ」っということもなく、ただ、腰のあたりに違和感が
あるな~、と思ってそのまま放置しておいたら、

ある朝、全く起き上がれなくなり、トイレに行って布団に戻るのに
1時間近く掛かる事態に・・・

そして、今までに経験したことのない激痛・・・。


ぎっくり腰経験者シェフの言うまま、寝たきり生活を送り、早4日。
ようやく今日、こうしてパソコンが打てるまでになりましたが、
まだまだ油断は禁物のようです。座っているのもかなり辛いです。ううう。


とりあえず、あまりブログがアップされないので心配されている方も
いらっしゃるかと思い、近況報告でした~。

皆さまも、くれぐれも働き過ぎ、遊びすぎ、飲みすぎ、食べ過ぎには
お気を付け下さいまし~。


あ、そしてくれぐれもシェフに「まんまる姉さんは大丈夫ですか?」って
聞かないでくださいね!シェフはまだこのブログの存在を知りませんので!


ええ、まだ、教えてません。なんかめんどくさそうなので・・・。


腰は、「からだのかなめ」と書く通り、本当に何もできませんね。
どうぞじめじめしたお天気が続きますが、みなさまはくれぐれも、
お身体、ご自愛くださいませ~。


健康あっての美味いもの  しみじみ・・
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-31 13:16 | プリムールの日常

暑さにもめげず

何だか夏模様な日が続きますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

このところの気温上昇で、プリムールの厨房は早速「高温サウナ」と
化し、シェフは毎日汗だくになっております。

でも、シェフは痩せません。なんでですかねえ・・・。まあ、まんまるも
どんなに汗をかいても痩せませんからねえ・・。流した汗以上に、
ビールとかビールとかビールとかを飲んじゃうからですかねえ。え?
まさにその通り☆ですって?てへ☆


さて、そんな高温サウナ状態の厨房ですが、さらにそれを助長するような
メニューが登場しました。

サクサクのフリットたちです!


まずは、 アナゴのフリット

c0201282_16483266.jpg


アナゴをサクサクっと揚げた上から、バルサミコソースをドビャーっと
掛けました。

甘酸っぱいバルサミコソースが、アナゴのもっちりした食感と合うんですよ。
はい。ビールが一気に進んじゃいますよ。気を付けて下さいね☆


そして、もう一品は、かすべ、つまりエイヒレのフリット

c0201282_16485019.jpg


こちらは、エイヒレの肉厚の部分と、それから薄い部分とでそれぞれ食感が
違って楽しいです。肉厚の方は、まるで白身のお魚のムニエルでも食べて
いるような感じで、薄い部分は軟骨がコリコリと当たってフリットのサクサク
感がたまりません~。

暑がりのシェフには申し訳ないですけど、これは定番メニューに入れてもらいたい
くらいですねぇ。本格的な夏が来る前の、暑さバテ防止にうってつけのメニューで
ございます。


とはいえ、「もう、暑いから揚げものは止めだっ」とか言っていつシェフが
キレるか分からないので、気になるかたは、ぜひお早めに☆

気まぐれコースには、きっとしばらくは付いてきますので、お楽しみに~。
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-21 16:48 | 新メニュー登場!

巡る 季節は巡る

休憩時間にプリムールに行くと、何やらシェフが美味しそうな感じのものを
作っていました。

c0201282_9534071.jpg


ん?ブイヨンとかにしては、大雑把な感じで煮込んでますけど、これ、
何作ってるの?

c0201282_9535621.jpg


と、まんまるが聞くと、シェフがニヤリ、と笑って、


「カレー」


と、答えました。




NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOッ




また、この季節が巡ってきてしまいましたかっ



「暑くなってくると、また、作りたくなっちゃうんだよね。」と、再びシェフニヤリ。


・・・いや、作るのはいいけどさ・・・食べる方の身にもなってよ。



そう。シェフは、夏が近づいてくると、なぜか突然大量のカレーを仕込むのです。
大量の野菜を煮込んで、大量のスパイスを入れて、大量の「何だか辛そうなやつ」を
入れて、あまりに辛いので、最後はココナッツミルクで仕上げます。


ええ、美味しいんですよ。そしてまんまるもカレーは好きですよ。


でも・・・


シェフのカレーって、もんのすごんごく辛いんです。まんまるは、辛いのは
決して嫌いではないのですが、体質的に辛いのが苦手なので、胃と、それから
お尻に(お食事中の方失礼)、かなりのダメージを受けるのであります。
二度痛いのでありますよ。(お食事中の方失礼。)


それが毎日、しかも朝晩と、まかないで続く恐怖・・・。


店長のH君の方を向くと、「実はもうすでに一つ出来ているんですよ」と
辛そうな顔で、大きなポットを指さしました。


「カレー、もう出来てるのに、また作ってるの??」とシェフに言うと、

「だって、すぐ無くなっちゃうじゃない」と、三度ニヤリ。



いや。あれだけ大量のカレーはそうすぐには無くならないですよ、シェフ。


私たちの賄いとなって、


激辛カレーパスタや

c0201282_954592.jpg



激辛カレーライスとなって

c0201282_9553025.jpg


毎日朝晩と、出されない限りは・・・。


「まかないが毎回カレーじゃ、胃(と、お尻)がもたないYO!」と
まんまるが店のスタッフを代表して猛烈抗議すると、シェフはこう言い放ちました。



「じゃあ、売るよ!売ればいいんでしょ!!」



・・・・・いや。最初から売る気で作ってくれ、シェフよ・・・・・



つまり、カレー作りはシェフの趣味だったようです。


確かに、他のメニューの仕込みが大量にあるにもかかわらず、なぜ
カレーを仕込むのか、不思議と言えば不思議でした。そうだったのですね。



食べる人がいるかいないか、ではなく、自分が作りたいから作るカレー。

暑くなると、不思議と作りたくなっちゃうカレー。

はなから、それで稼ごうという気のない趣味のカレー。

趣味だから、好き勝手に辛くするカレー。


辛い辛いと私たちが辛がって食べるのを見るのが面白いから、辛くするカレー。





そんな、ちょっとレストランとしてはあるまじき動機で作られていたカレー
ですが、毎日朝晩と食べなければ、「辛くて美味しくて不思議な味」のカレーです。


お持ち帰りカレー(ルーのみ)500円


我こそは、という方、どうぞお買い求め下さい。涙




ちなみに、こんな感じで召し上がると、盛り上がりますYO

c0201282_1041233.jpg



c0201282_9582740.jpg


去年はランチでも出してましたね。今年はやらないのかな。あ、「ご飯を
炊くのがめんどくさい」とか言ってましたね、去年も・・・。


たしかに、一応フレンチなんだから、パスタでもかなりアウトなのに、ご飯まで
だしちゃった日には・・・。別にいいか。



c0201282_9595777.jpg


ステーキ乗せられても、辛さは変わりませんけどね。見た目でなんとかごまかせる?




いや、本当に毎日じゃなければ、朝晩でさえなければ、楽しいカレーでは
あります・・・。
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-15 10:04 | プリムールの日常

イチゴが旬ですねえ

イチゴ好きのまんまるには、今の季節が一年で一番お気に入りです。

お日様の光をいっぱいに浴びたイチゴの、あの赤々とした自信たっぷりの
ぷっくりした様子。

口に入れると甘いけど、ときどき酸味が効いた、媚びない果物。

嗚呼、イチゴってスバラシイ果物だと思いませんか、みなさん。



と、いうわけで、プリムールのデザートも、もちろん一押しはイチゴのタルト
です。以前のタルトとは少し変えて、大きなタルト生地を焼いて、その上に
たっぷりのクリームと、これでもか~っっていうイチゴ。クリームには
隠し味があって、それがまたより一層イチゴの美味しさを引き出すんですよね。


c0201282_231495.jpg


嗚呼、小人になってこのイチゴのタルトの村で暮らしたい。。。お腹が空けば
イチゴとタルトを食べていればいんですものね・・・濃いコーヒーが湧き出る
泉も必要になりますね。ゲフ



お客様にお出しするときはカットして、同じ赤色のフランボワーズのシャーベット
を添えてお出しします。イチゴの自然のほんわりした酸味と、フランボワーズの
きりりとした酸味を比べてみるもの面白いです。

c0201282_2322452.jpg



イチゴが安くて美味しいので、最近のバースデーケーキもイチゴのデコレーション
ケーキが多いですね。こちらは、おまかせコースの「お誕生日バージョン」に
付いてきます。

c0201282_2334977.jpg


経理係のまんまる的には、バースデーケーキは別料金をいただきたいのですけれど・・

シェフが、「お祝い事なんだから!」と、なかなか追加料金を取ってくれません(涙)。

ま、いいんですけどね。お客さまへの感謝の気持ちですものね。



この日は、こうきちさんの数日遅れのお誕生会。


イチゴがびっしり詰まったケーキをご用意しました。ご当人が、何度も繰り返し
「28歳の誕生日だからね!(当社比)」とおっしゃるので、ろうそくは大きめの
ものを3つ用意しました。

c0201282_2331545.jpg


全体的に30歳くらい? 

みたいな感じを醸し出してみました☆どうでしょう、こうきちさん?


店長に就任したH君のバースデーソングとともに、客席に持って行き、

c0201282_2342454.jpg


結局、おすそわけ頂きました☆ あ、強要したわけじゃないですよう。
ただ、「美味しそうですね☆」って言っただけですよう。そもそも、キップの良い
こうきちさんのことですから、ぜったいまんまるにも最初からおすそわけして
くれるつもりでいたに違いませんよ!



で、結論としては、近所のどんなに有名なケーキ屋さんのイチゴのショートケーキよりも
美味しいです☆ イチゴ好きのまんまるが長年探し求めたショートケーキは
ここにあったか~っ、という感じ。メーテルリンクばりの「幸せはここに」って
いう感じですぅ。

お誕生日をプリムールでお祝いする予定の方、ぜひ、「シェフのきまぐれコース」を
ご注文いただき、お誕生日をお祝いしたい旨をシェフにお伝えくださいましね。

そして、味見程度で構いませんので、イチゴ好きのまんまる姉さんに一口だけ、
プリーズ☆
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-13 23:04 | デザートのこと

Sさんのお店開店しました!

とうとう、「60の手習い」からスタートし、「キッシュをもっと世に広めたい」と
いう夢のもとに、周囲の反対を押し切ってカフェ作りを始めたSさんのお店、
キッシュ&タルト seki 」が昨日開店しました。

お店自体はすでに出来上がっていて、開店も先月を予定したのですが、やはり
ランチの内容やオペレーションについて不安を残したままお店をオープンしたくは
ない、というSさんの強い意志もアリ、ほぼ一カ月遅れの開店となりました。

中心になるスタッフは、もともとプリムールのパートさんたち。強力な
助っ人に支えられての、ようやくのスタートでした。

とはいえ、やはり実際やってみると様々な問題が浮上してきたようでした。

今日はプリムールはお休みでしたので、シェフは、朝早くからSさんのヘルプに
飯田橋まで出かけていきました。

「ここまできたら、乗りかかった船だからさ。」

と、笑いながら。(いや、ちょっと意味が違うような気もしますが、シェフ。)



昨日は、開店初日ということもあって、大勢のお客様に来ていただいた
そうですが、今日も、大盛況だったそうです。


ありがたいことでしたが、その分、改善点や問題点が、いくつもいくつも出てきたそうです。


お金を頂戴している立場ですから、どんな経緯や背景があろうとも、すでに
Sさんも「プロ」として見なされます。


お客様の期待に応えるために、こういった問題や、改善点に、これから一つ一つ
対処する必要があるでしょう。


お店は、開くのは意外に簡単でも、続けることが何より難しいです。

少なくとも、立地には恵まれているSさんのお店ですから(正直、ウラヤマシイ・・)、
あとはSさんの頑張り次第ですね。



昨日、今日、「キッシュ&タルト seki 」に来て下さったお客様へ。

それから、今後、「キッシュ&タルト seki」に行こうかな、と思っているお客様へ。



ありがとうございます。(と、私が言う筋合いのことではないのですが・・・。)
お味やサービスはいかがだったでしょうか。


キッシュ&タルト seki は、まだまだ、生まれたての子馬のような状態のお店です。

ただ、Sさん始め、スタッフ全員が、「よりよりお店」を目指して日々奮闘して
おります。何かお気づきのことがあれば、忌憚なく、スタッフにお声を掛けて
ください。厳しいお言葉も、お店の側としては、それは宝です。


みなさまの、厳しくも温かい目が、お店を子馬から立派な競走馬に育ててくれると
信じています。


私のお店レ・プリムールも、そうやって地域の皆さまの、本当に温かい心に支えられて、ようやく
ここまで来ることができましたと自負しております。

ひょんなことからご縁ができた「キッシュ&タルト seki 」も、同じように
地域の皆さまに支えられた店になるといいな、と思わずにいられません。

ですので、どうぞ、今後とも、よろしくお願い致します。(と、私が言う筋合いのことでは
ないのですが・・・。)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、私たちも、Sさんに負けないように、そして初心を忘れないように、
また明日から元気にプリムールをやって行きましょう!
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-11 18:47 | キッシュ&タルト SEKI

自家製パン「シュリッペン」進化中

シュリッペン、それはシェフの新作パン。


「まんまる姉さんのお尻をイメージしました」


と、相変わらず主張し続けるシェフの新作パン

日々、進化中です。


小麦粉の種類を変えてみたり、配合を変えてみたり、
さらには、イースト菌にこだわってみたり。


まんまるとしても、自分のお尻をイメージされているわけですから、
お尻のプライド(?)にかけても、やはり「それなり」なパンを
作ってもらいたいと、日々、試作品の試食に励んでおりました。


先日、お店に行くと、ちょうどシュリッペンが焼けたばかりでした。

c0201282_92514100.jpg



お店の中には焼き立てパンの良い匂い。


そして、耳を澄ますと、


パリリ パリリ  パリリリリ


ん?何の音でしょう?



なんと、焼きたてのシュリッペンの皮が、オーブンから出されて
はじけている音でありました。


c0201282_9253923.jpg



まんまるなシュリッペン


おおおっ、これこそ、我が尻にも恥じることない、すばらしい
パンでありますよっ。



焼きたてのシュリッペンは、皮がパリパリ、中身がフワフワで、
噛めば噛むほど、小麦の美味しい味がします。

小麦と、水と、塩だけで作るシンプルなパンですが、

シンプルだからこそ、ごまかしの効かない難しいパンでも
あります。


「美味しいねえ、これなら、アタシのお尻をイメージしたと
言っても恥ずかしくはないよ!」

と、まんまるが絶賛すると、気を良くしたシェフは、できたて
シュリッペンで作ったハンバーガーを出してくれました。

c0201282_926857.jpg


おおっ、中身は、自家製スモークチキンですかっ。


これがまた、美味しいのでありますよ。

パリパリの外側をバリリっとかじると、中からスモーキーでジューシーな
チキンのプリンとした弾力ある歯ごたえ。そして甘酸っぱい
トマトケチャップと、パリパリの新鮮野菜。


このまま、ハンバーガー屋さんにしちゃってもいいんじゃない?シェフ?
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-10 09:26 | 新メニュー登場!

今日、9日(月)は臨時休業です~

ゴールデンウィークは、期せずしてたくさんのお客様に来ていただき、
シェフ始め、店長(に、4月から就任しました!)のH君やパートさん、
そしてまんまると、嬉しい悲鳴とともに全力投球致しました。

(いや、まんまる姉さん、あんたはそれほど全力を出していなかったじゃん、
という一部の批判はとりあえず、置いといてー)

昨日はシェフも店長も燃え尽きました・・・真っ白な灰になるまで・・・



と、いうわけで、今日は臨時にお休みを頂くことに致しました。

お店に来て下さった方、本当に申し訳ございません・・・。


今日はみんな英気を養って、明日から通常営業致します。

っていうことは、明後日、水曜日は普通に定休日です☆


c0201282_13234939.jpg


ドラとともに惰眠をむさぼるシェフ
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-09 13:24 | プリムールの日常

Sさんあと一歩のところ

皆さん、長いお休み、いかがお過ごしでしょうか?

プリムールも、ゴールデンウィークの真っただ中でしたが、
通常通り定休日をいただきました。昨日ご連絡下さったお客様、
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした・・。

さて、昨日のお休みを利用して、シェフとまんまるは、Sさんの
開店準備の様子を見に行きました。

実はこの日、予行演習を兼ねて、スタッフのご家族が仮のお客さんになって
「模擬開店」を行っていたのでした。

(初めてこのブログをお読みの方、Sさんのカテゴリを新たに作りました!
右のカテゴリ→の「キッシュ&タルト SEKI」のところをご覧ください。)


c0201282_9555397.jpg


外側はすっかり出来上がっていました。小さなテラスもおしゃれです。

c0201282_9571214.jpg


近日オープン、楽しみですね。通りがかったご近所の方々が
よく覗いていかれるそうです。地元でも期待値上昇中、というところ
でしょうか。

カララーン♪ カワイイ鐘の音とともに、「いらっしゃいませー」の元気な声。

入ってすぐに、ショーケースが目に入ります。

c0201282_9574971.jpg


キッシュとタルトが、美味しそうです。タルト以外にもデザートが
並ぶそうです。ウヒー、これも楽しみですね。



この日は、パートさんたちのオペレーション練習も兼ねていたので、
まんまるはお客さん。さっそく、キッシュプレートを注文。


きのこのキッシュ

c0201282_958653.jpg


ホウレンソウのキッシュ

c0201282_9581962.jpg


どちらも、プリムールの味を再現してました。フワフワで、サクサク。
味も、盛りつけも、良いじゃないですか~。


とにかく、なにもかもSさんにとっては初めてのことですから、
一つのことを始めると、いくつもの問題点や改善点が出てくるそうです。
それを一つ一つ解決するために、スタッフの方たちの強力なサポートのもと、
一つ一つ話し合って、一歩一歩進んでいる、そんな印象を受けました。

最初が肝心、ですからね。まんまるも、プリムールを始めたばかりのころを
思い出しました。

c0201282_959127.jpg


「キッシュ&タルト SEKI 」の開店をお待ちいただいている皆さん、
もうしばらく、お待ちくださいましねー。

Sさん、あと一歩、です!
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-05 09:59 | キッシュ&タルト SEKI

イラン料理をフランス風にアレンジすると・・・

土曜日や日曜日の午後、まんまるが小さな黒板を取り出して
なんだか奇妙な文字を書いているのをご覧になった方、
いらっしゃいますか?

はい。実はまんまるは、ただのDEBUじゃあ、ありません。
ペルシア語が話せるDEBUなのです。

え?ペルシア語って?死語じゃないの?

と、思われる方、残念~。

ペルシア語とは、イランの公用語です。アフガニスタンではダリー語と
呼ばれますが、同じ言語です。で、時々、プリムールでも同好の志を
集めてペルシア語教室なんていうものをやってるんです。

プリムールの店内でチラチラと見掛ける「中東チック」なアイテムの
数々は、まんまる姉さんがイランから買ってきたり、もらったりした
ものなんですよ~。



なので、料理も時々イラン料理チックなものが出ます。

もちろん、本場のイラン料理とは似て非なるもの。まんまるが現地の
イラン人に聞いたレシピや、イラン料理店で食べた味などをシェフに
話して、それをシェフがシェフなりに解釈して作る「なんちゃってイラン料理」
なんですけどね。


シェフ曰く、「イラン料理は、フランス料理の根っこの部分とつながって
いるようだ。」

だ、そうです。特に、野菜と肉をぐつぐつ煮込む系のイラン料理は、
フランスのお母さんの味そのものだそうで。



と、いうわけで、最近はこんな

c0201282_9554397.jpg


仔羊と白いんげん豆の煮込み


を、作ってみました。いやー、これが美味しいんですよ。仔羊は、ほとんど
臭いも気にならないし(というか、そもそもまんまるは、羊肉が臭いとは
思わないので、気になる方にはアウトかもしれません。)、インゲン豆が
ホロホロモロモロ~っと柔らかく煮こんであってそれにシチューの味が
よく浸みていて、

c0201282_956269.jpg


赤ワインに合う~~~~ッ


いんげん豆の他にも、野菜がたっぷり入っていて、なんていうか、こう、
滋味溢れる味なのであります。


お豆が好きな方、羊肉が好きな方、ぜひぜひ!お召し上がりくださいっ。
[PR]
by manmarunesan | 2011-05-02 09:56 | 新メニュー登場!



とあるビストロの幸せほおばり日記
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧