毎日が幸せ食堂 ~シェフにナイショでブログ始めました~

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

内澤旬子 『飼い喰い』 その2

今日はお店のお手伝いをお休みして、内澤旬子『飼い喰い』
読みました。

飼い喰い――三匹の豚とわたし

内澤 旬子 / 岩波書店



友だちの本だから、とか、実際に内澤さんちの豚と遊んだから、とか、
あるいはシェフがその豚たちを料理したから、とか、そういう事情を
一切抜きにしても、

とってもとっても面白い本でした!


そもそもこんなこと(自分で豚を飼って、屠畜して、自分で食べることを
体験してみよう、ということ)を考えたキッカケは、
内澤さんの前作ルポ『世界屠畜紀行』で日本を含めた屠畜の
現状を世界各国で行いながら、じゃあ、「屠畜前」はどんな感じであるのだろう、
という、尽きることない彼女の探究心もしくは好奇心から、とのことでした。

一度「どうなってるんだろう?」と思うと、とことん突き詰めないと気が済まない
のが内澤さんの良いところ。以前取材に行った千葉県の旭市の畜産関係者に、
「豚を飼って、自分で育てて、屠って、食べたい」と相談したところ、
親身に相談に乗ってくれる人たちの助けを借りて、幾多の問題をクリアしながら、
あれよあれよと準備が進んでいきました。

その頃、まんまるが内澤さんと会ったとき、確かに彼女が「いやあ、まんまるさん、
あーしは豚を飼いますよ。てへへへ」と言ってたのですが、それは老後くらいの
遠い先のことだと思っていましたよ。まさか、そのあとすぐに「豚をもらうことが
決まりました」等々、リアルな報告を耳にして、本当に驚いたものです。

だって、その時、彼女はまだ乳がんの手術をしてから1年ちょっとくらいしか
経ってなかったんですもの。どこにそんな気力と体力があったんでしょう。

そして、住む場所も決定、との知らせが。ああ、本当の本当に豚を飼うんだ、
この人は。と、もう驚きを通り越して感心するばかりでした。

で、話を内澤さんの本に戻しますが、

そもそも、普通の民家を借りてその庭先で豚を飼うのですから、まずは豚小屋作りから
大仕事。それもほとんど自分で作っていくので、住んでからも問題が次々と
発生。そのたびに、ほぼ自力で解決していくたくましさ。

最初は、本当に「豚を飼うこと」とはどういうことなのか、が詳しく記されて
います。そこだけでももう十分に読み応えがあるのですが、ここはまだ文字通り
「序の口」。

その後、豚3匹と、内澤さんの共同生活が始まります。

いずれは「食べるため」に豚を育てるのに、内澤さんんはその3匹の豚に名前を
つけました。そして、「ペットではないけれど」という前置きをしながら、
内澤さんは愛情を込めて、豚たちを育てて行きます。その共同生活の様子が、
「育てる」というよりも「振り回される」と言った方がよく、時々、プププと
吹き出してしまう、内澤節炸裂。「豚のお母さん」の内澤さんと、三匹の豚たち
とのドタバタ生活日記。


まんまるもこのブログで書きましたが、内澤さんちにシェフと2度、遊びに
行きました。うんことりとか、豚の上に乗る、とか、堪能させてもらいました☆

c0201282_20271936.jpg


で、また話は本の方に戻りますが、

いよいよ、お別れの時が近づきました。

内澤さんは、屠畜に「かわいそう」という感情も、その言葉も決して持ち出しません。
考えてみれば当たり前のことですが、それを「当たり前」と言えるほど、
私たちは食べられるものとそれを作る人たちに対して無頓着であるように思います。

でも、だからと言って、内澤さんが愛した動物たちと別れることが悲しくないわけじゃない
んです。

単に「可愛がってた動物を屠って食べる」ということだけ聞くと、
「ひどい」とか「かわいそう」とか、「変人だ」とか「残酷だ」と言う人も
いるでしょうが、内澤さんは、酷いひとでも変人でも残酷な人でもありません。
う、まあ、ちょっとは変わってるかもしれないけど・・・。


確かに、ものすごく好奇心の強い人ではあります。普通の人がなるべく
見ないようにする部分、考えないようにする部分を、細かく辛抱強く観察して
自分で納得するまで突き詰めて考える人ではあります。


「食べる」ということと「かわいそう」の間にある、私たちが無意識のうちに避けている
部分の蓋をこじ開けて、光を当てて、そして観察する、それが内澤さんなので
あります。その過程で自分が傷ついたり涙を流したり汗を流したり、みっともない
部分まで込みで、見つめて、感じて、考えて、そして、文字にする。


あー、まあ、やっぱり変わってるかな。そういう点では。あ、良い意味で、ですよ。
だって、普通の人にはできませんもの。

いずれにしても、
自分で、愛するものたちとのお別れの時間を決める、というのは、どんな気持ちなのか、
まんまるの想像力程度ではとても思い描けません。


そのあたりの描写が、後半のクライマックスとなります。そして、最期の最期まで
ドタバタで豚たちにふりまわされる内澤さん。悲しいシーンなのに、やっぱり読む方は
手に汗を握り、そして口元に笑みを浮かべ、でも目頭は熱くなって、なにやら涙まで
浮かべざるをえません。


屠畜場から最期の瞬間も、このころには「豚のお母さん」の内澤旬子と、「ルポライター」
の内澤旬子の部分が交互に出て来て興味深かったです。


肉になってからも、内澤さんの奮闘は続きます。そして、ここから、うちのシェフが
大きく関わっていくのであります。

c0201282_20282921.jpg

↑シェフのところに届いた「伸ちゃん」の頭部。ここから美味しいテット・フロマージュを
シェフは作りました。


で、フィナーレが、「内澤旬子と3匹の豚の会」。

小劇場を一日だけのパーティー(?)会場に変えて、三匹の豚たちを、タイ料理・
韓国料理・フランス料理にして、お客さんたちに食べてもらおう、と。


その時の様子も、それから、初めて内澤さんが三匹の豚たちを食べたときの心の
動きが、これまた興味深い。


その時の内澤さんの心の動きが、傍で見ていたまんまるも、なんとなく
わかりました。なんていうか、こう、スーーーーーーッと、何かが内澤さんの
中に入っていくのが、見えた、というか、解った、というか。

ああ、あの子たちが内澤さんの中に還っていったんだな、と思いました。
その瞬間のスクープ写真もあるんです☆
内澤さんがOKしてくれたので、アップしちゃえっ。

c0201282_825888.jpg


え?小さい?ええ、だってなんだか恥ずかしいんですもん。
実は料理以外の写真を撮るのが下手くそなんです、わたくし・・・。

c0201282_855191.jpg


(内澤さん、ごめんなさい。なんかちょっと怖い感じの写真になってます。)

肉を口に含んで、静かにゆっくりと咀嚼して、そして飲みこんで目を閉じたこの瞬間こそ、
三匹が内澤さんの身体に、あるいは、魂に、還ってきた瞬間でした。会場中が
「固唾を飲んで」見守っていたのも印象的でした。不思議な瞬間でしたよ。


・・・・以下おまけ。夢にまたがり遊ぶまんまる・・・・・


c0201282_810587.jpg


内澤さんの写真よりも、まんまるさん、あんたの写真の方がでかいじゃないか、と
思ったみなさん・・・ええ、そういう人間なんです、まんまるは。てへ。


まんまる自身が、まだちゃんと消化していないので、なんだか拙い説明文に
なってしまいましたが、お読みになりたいなー、と思った方、そのうち
我が店でもサイン本(もちろん内澤さんの、です!)を販売しますので
スタッフに聞いてみて下さいね。

(と、予告しましたが、先日8冊ほど仕入れたサイン本は全て行き先が決まって
しまいました・・・ひー(嬉しい悲鳴)・・・しばし、お待ちくださいませね。)

あっ、でもあくまでも「噂で聞いたのですが」を前置きして下さいね!
このブログのことは、くれぐれも、お店の人たちには内緒にしておいてくださいね~~~


今すぐ読みたい方は、アマゾンで、どうぞ~!
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-25 20:30 | プリムールとゆかいな仲間たち

内澤旬子 『飼い喰い』

先日の猫の日に、

内澤旬子さんの豚の本が出ました

飼い喰い――三匹の豚とわたし

内澤 旬子 / 岩波書店



表紙には、内澤さんがかわいがって育てて食べた3匹の豚が
並んでいます。

上から順に、

夢ちゃん・秀ちゃん・伸ちゃん(多分)

夢ちゃん(下の写真)は一番の器量よしでしたが、要領も良く、ちょっと小ズルかった。

c0201282_1411452.jpg


秀ちゃんは、まんまるが遊びに行った時はまだ情緒がなく、いつも寝てばかりで我関せずで、私的にはつまらない豚だった。

c0201282_14123726.jpg


そして最後の伸ちゃんは、とても味のある顔で、シェフのお友達にもちょっと似てて、おっとりしててお人よし(お豚よし?)で、そしてシェフが頭部の皮をはぐところから骨にして内澤さんに返すまで、一番長いおつきあい(?)のある豚でした。

c0201282_14131197.jpg



c0201282_14133260.jpg



c0201282_1414120.jpg


それぞれの豚の特徴が事こまかに描かれていて、隅々まで内澤さんの愛情が詰まっています。


あ、そうそう、まんまるは昨日高円寺の本屋さんを数件回って見たのですが、
重大なことを発見しましたよ。

この本、岩波書店からの発売なのですが、岩波書店は「書店買い取り方式」
(つまり、返本が出来ない)なので、よほどの大型店舗出ない限り、
なかなか書店には置いていないのでありました!

がっかりです。


もしも「読んでみようかな~」という方、ぜひアマゾンでご注文されるか、
近くの本屋さんに電話してお取り寄せしてみてくださいな。


来週くらいには、内澤さんのサインの入った本をプリムールでも販売する
ことができると思いますが。

大急ぎで読みたい、と言う方は、東京堂書店さんには置いてあるようです☆

これはぜひぜひ、買って読んでみてくださいなー。


プリムールでも販売を開始始めたら、またお知らせいたします~。
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-23 14:16 | プリムールとゆかいな仲間たち

「飼い喰い 3匹の豚とわたし」の出版を記念して④ 自家製ベーコン

いよいよ、内澤旬子さんの力作『飼い食い』が明日発売になります!
立ち読みではなく、どうぞ一家に一冊!お買い上げ下さい。愛情育てて
飼った豚ちゃんたちの、おうち作りから、最期を見届けて、食べるまで、を、
内澤節で語りあげています。面白いです。

時々クスリ、あり。時々、「へー」あり。単なる観察日記ではなく、
現在の養豚の仕組みまでも詳しくルポしてあります。

そして、「食べること」について、色々思うのであります。ぜひぜひ。


・・・・・・・・・・・・・・・・

で、プリムールでもますます黒板に豚肉のメニューが上ります。
これは定番メニューですが、ある日黒板に乗っかりました。

c0201282_1154826.jpg


自家製ベーコン 炙りロースト

いやあ、脂身って、ほんと美味しいんですよね。高い豚であればあるほど、
脂身に味があるんです。


・・・・・・・・・・・・・・・・



内澤さんちの三匹の豚のお肉も、同じく脂身が美味しかったです。

特にデュロック種の秀。彼らのおうちには2度、遊びに行きましたが、
秀ちゃんとは一度も心の交流がなかったなー。しかもまんまるは名前から、
勝手に秀は男の子だと思っていたら、彼らがおしっこしているのをみて、
おしっこのポーズが秀だけ今一つ他の二頭と違うので、心配したら、

「メスだからですよ、まんまるさん!」

と内澤さんとシェフに笑われましたっけ。

c0201282_115947.jpg


内澤さんの話によると、この秀ちゃんは、お肉にされる直前あたりから
急に人格ならぬ「豚格」が出てきたようで、どうやら私が遊びに行った
頃は、まだこの秀ちゃんは、右も左も分からない赤ちゃんのような
ものだったのかもしれません。

ごめんね、秀ちゃん、君のこと、ヌボーっとした感情の無いツマラナイ
ヤツだと思っていたさ・・・

c0201282_1164675.jpg


は?秀ちゃんは作業着を着ている方か?って?

作業着着てる方は、ま・ん・ま・るdesuyo!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちなみに、ベーコンのローストはサイドディッシュとして、ランチでも
召し上がれます。500円也。これはお得です!ぜひ一度、脂身も美味しい
プリムールのベーコンをお召し上がり下さいませ☆
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-21 11:13 | ディナーのこと

かわいいフォルムにやられちゃいます フォアグラのリンゴ仕立て

バレンタインデーは盛り上がりましたか?

今年のバレンタインデーは「女の子が女の子にあげる」というのが
流行ったらしく、まんまるもお客さんや生徒さんから美味しいチョコを
いくつかいただきました。おいしかったです☆ごちそうさまでした。

それにしても、男子はますます大変ですね。必ずしも女子が男子にくれる、
というわけじゃないんですね・・。


さて、そんなバレンタインデーの大騒ぎも収まり、少しずつ春の様子が
伺えますが、プリムールでも春に向けて徐々に新しいメニューが登場
していますよん。今イチオシ!の新メニューはこちら・・

c0201282_109441.jpg


フォアグラのリンゴ仕立て、です。

一見、デザートのようですが、これを割って見てみると・・・

c0201282_1093186.jpg



ほらー、フォアグラがぎっしりみっちりですよ~。外側にコーティング
されたフランボワーズの酸味と甘みがフォアグラとマッチングー、です。

口の中でホロホローと溶けるフォアグラの旨味をご堪能くださいませ。
カオールのような、ちょっと力強いワインといかがでしょう?


あ、ただしこれはコース料理のみ、しかも手間暇が掛かるので、予約
下さったお客様限定でございます~。ごめんなさい・・・。
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-17 10:09 | 新メニュー登場!

「飼い喰い 3匹の豚とわたし」の出版を記念して③ 豚舌の柔らか香草パン粉焼き

「牛タン」というと焼き肉屋さんでも定番のメニューで、皆さんもすぐに
イメージできるかと思いますが、意外にも「豚タン」というのも美味なのです。

豚タンが牛タンのように大きくなく、一頭につき一本だけしか取れないので
あまり市場に出回らないためになかなか目にすることないそうなのです。

(註;と、書きましたか、今はフツーに焼き肉屋さんにも豚舌は置いてある
そうです・・・お恥ずかしい・・・無知でした!!)

その豚タンを、コンソメで柔らかくなるまで静かに煮て、味をなじませて
から、香草パン粉とマスタードを乗せて、オーブンで焼き上げます。
仕上げに、たっぷりの温野菜も乗っかって、栄養のバランスもばっちりの

c0201282_2174875.jpg


豚舌(トンタン)の柔らかオーブン焼き
出来上がりです!ほどよく歯ごたえが残っているので、ナイフを入れると
サックリと切れて美しいです。

c0201282_218943.jpg


アルザスの白ワインと一緒に、どうでせう?
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-12 21:08 | 新メニュー登場!

「飼い喰い 3匹の豚とわたし」の出版を記念して② 豚スペアリブのビール煮

新しい豚肉料理が次々登場していますよ~。

c0201282_2216374.jpg



豚肉スペアリブのビール煮

この豚肉の柔らかく、でもほどよく弾力も残っている感じが、
皆さまに伝わっているでしょうか?そしてこのソースの美味しいことと
言ったら!豚肉を煮たビールを煮詰めて、フォンドボーなどを加えて
ソースにしたのだと思われますが(未確認)、これが本当に豚肉に
合っていて、こってりまったりとして、

おーいーしーいーぃーぃーぃーぃー

素晴らしい一品ですよ、シェフ。こんなに美味しく食べてもらえるなら、
豚さんも本望でしょう。

ビール煮なら、やっぱりビールをお伴にしないといけませんね。いえ、
いけないわけじゃないですが。軽口の赤ワインか、酸味の強い白ワイン
でもいいかもしれません。

c0201282_22162515.jpg


あと、付け合わせの野菜たちもほどよい歯ごたえが残っていて、こういう
細かい作業が、主役の肉の旨味をさらに引き立てるってもんですね。
巻貝みたいな形のが、ちょろぎ。地下茎の野菜です。小さくてうずまき形
ですが、ちゃんとおいもの味がします。そしてフットボールみたいな形
のがアピオス。マメ科の野菜で、食べるとピーナッツみたいに香ばしい味が
しますよ。

最後のソースは自家製パンでぬぐって食べたいですね~。
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-11 22:16 | 新メニュー登場!

「飼い喰い 3匹の豚とわたし」の出版を記念して① 豚バラと白いんげんの煮込み

古くからの友人であり、ルポライター&イラストレーターの内澤旬子(うちざわ・じゅんこ)
さんが2月22日に新刊を出します!その名も

「飼い喰い 
   ~3匹の豚と私~」 
 
(岩波書店 1900円)

千葉県の養豚が盛んな街に単身引っ越し、一軒家を借りて自身で改築し、豚小屋を作り、
そこに種類の違う3匹の豚を入れて愛情込めて丹精込めて育て、そして立派な我が子(?)
をと畜場に連れて行って現場にも立ち会い、そのお肉をフランス料理・タイ料理・
韓国料理にして食べる

という、超個人的トレーサビリティな豚肉のルポです。


ええ、まんまるもその3匹の豚にも会いに行って、念願だった豚の背中にも乗せて
もらいました。(あしたのジョーに言いたいですが、豚の背中に乗って少年院を
脱走するのは結論から言って無理ですな。)、お肉になった3匹をシェフは
美味しいフランス料理に仕上げました。


そんないきさつもあって、プリムールでは(全く勝手に)内澤さんの出版を記念して
豚肉料理が着々と増えています。そう、内澤さんの3匹の豚をたべる会に向けて、
シェフは一気に豚肉料理のレパートリーを増やしていったのですが、その成果が
今もこうして発揮されている、というわけです。


第一段は、


c0201282_9155030.jpg



豚のバラ肉と白いんげんの煮込み

あー、寒い夜にはピッタリのメニューです。軽めの赤ワインと、シェフの自家製パン
(自慢の逸品)とともにやりたいものですねえ。皮の部分がまた旨いんです。ヌトッと
してプルン、としていて、コラーゲンたっぷり。そして程よく煮崩れた白いんげんが
ソースになって・・・うひー、たまりまへん。最後の一滴も残さずパンに沁み込ませて
食べたいものです。




あ、内澤さんの『飼い喰い』はサイン本をプリムールでも販売しますんで、どうぞ
ご希望の方がいらしたらご予約くださいませー。


でも、くれぐれも、このブログをみた!とは言わないで「噂できいた」とおっしゃってくださいね~~~
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-08 09:20 | ディナーのこと

クニュクニュがたまりまへん  トリッパの香草パン粉焼き

この前、テレビを観ていたら「きゃりーぱみゅぱみゅ」という歌手の人が
出ていましたが、まんまるは何度練習しても「ぱみゅぱみゅ」が言えません。
これじゃあ、まんまるはアナウンサーにはなれませんね☆テヘ

で、ぱみゅぱみゅとは全く関係ないのですが、「くにゅくにゅ」と言えば
(え?前フリと全然つながっていないじゃないか!ですって?ええ、つながって
ません、キッパリ)

トリッパ。フランス語ではトリップ。ザックり言えば、牛のハチノス(胃)の
ことです。

これ、普通ならなかなか噛み切れないし、臓物特有の臭みがあるのですが、
何度もゆでこぼして臭みを抜いてから、ゆっくりやさしくコンソメで煮ると、
クニュクニュした食感がたまらない美味しい食材に変身するんですよ~。
噛むたびに、コンソメの味がクシュッとお口に広がって、うっひゃあ、もう
たまりまへん~~~。

で、このクニュクニュに、香草を混ぜたパン粉をまぶして、油でカリッと
させた後にオーブンで焼いたものが、これ~。

c0201282_128294.jpg


トリッパの香草パン粉焼き

いやー、ビールとか白ワインが、進むんですー。
罪な逸品ですよ、シェフ!
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-07 12:08 | ディナーのこと

さっそくのしあわせのパン@プリムール

映画「しあわせのパン」に影響を受けたシェフが早速のパン研究。

映画でシンプルなまんまるい赤ちゃんのお尻のようなパンが出てきたの
ですが、その形がえらく気に入ったようです。

「うちのシュリッペンもあの形にしようかな」とつぶやきながら
焼いたパンが、これです。

c0201282_21252255.jpg


確かに、美味しそうです。シェフ曰く「これなら、まさにシュリッペンの
名前に負けない形だよな、お前さんのお尻のイメージだ☆」だ、そうです。

まんまるのお尻はもっと幅広くて地球でも支えられるような大きさと
安定感があるようにも思いますが・・・

c0201282_21255175.jpg


割ると、やはり全粒粉のセピア色。小麦の香りもたまりません。ご飯党の
まんまるですら、一日一度は食べたいくらいです。ちなみにまんまるは、
外側の固い皮が好きなので、最初に中身をくりぬいて食べてしまいます。
(美味しいものや好きなものは最後まで取っておく派です。)




シュリッペンの後は、デザートに着手。去年末から凝っているリンゴの
タルトがちょうど焼けました。

c0201282_21265236.jpg


くおおおお~~~、匂いをお伝えできないのが残念ですっ。甘いリンゴの
香りが、お店中に広がりました。リンゴの焦げたところからも、キャラメル
のようなほろ苦い甘い匂いがああああぁぁぁぁ。


さっそく、味見させてもらいました☆まんまるの健康を考えて、かなり
細めにカットされてます。実際はこの倍の幅がありますから、ご安心
下さいませね。

c0201282_21272263.jpg


サクサクのタルト生地に、紅玉のほどよい酸味と甘みとジューシーな
汁がああああああぁぁぁぁぁぁ。

c0201282_21274552.jpg


脇に添えてあるのは、リンゴのシャーベットです。口に入れるとホロホロっと
溶けて、口の中で優しいリンゴの味が広がります☆


リンゴのタルトはシェフが飽きるまで続きますんで、今月いっぱいはまだ
あるかもしれません。気になるかたは是非お早めに食べにいらしてくださいね~。
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-04 21:27 | デザートのこと

節分の夜のデザート

皆さま、今日は節分でしたが、豆まきしましたか?

まんまるは、毎年一人でひっそりと豆まきをしていますよ。
縁起についてのことは、なるべきやるようにしています。
お客さん商売は、「ご縁」とか「縁起」とか「ゲン担ぎ」とか
大事しないとイケないようです。


で、まんまるの住処は小さなアパートですので、当然豆も余って
しまい。あ、年の数だけ、つまり32個(自称)食べたのですが、
それでも余ってしまったので、プリムールでも豆まきしようと、
残りを持って行きました。


お客様がお帰りになったら撒きましょうね、と、シェフに渡したところ、

「鬼だって、鬼の生活があるんだから、豆をぶつけるなんて気の毒だ。」とか
なんとかブツブツ言って厨房に入っていきました。


すると、パチパチと豆が爆ぜる音がして、そのあと甘くて苦い香りが・・・。


んんんん?


自慢げな顔でシェフが持ってきたのは、

c0201282_23544034.jpg



なんと!福豆のキャラメリゼでしたよ!パリパリのほろ苦キャラメリゼの
コーティングを歯で割ると、中からサクサクの福豆!

ちょっとちょっとシェフ、やるじゃないですか~。

ついつい、もう一度年の数だけ、つまり32個(自称)を食べちゃったじゃ
ないですかー。



と、言うわけで、プリムールでは鬼も笑っちゃう福豆のキャラメリゼで
美味しい節分を過ごしましたとさ。
[PR]
by manmarunesan | 2012-02-03 23:54 | プリムールの日常



とあるビストロの幸せほおばり日記
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧